社交ダンサー・競技ダンサー麻戸洋輔・中村綾のblog

鎌倉市大船を拠点に活動しているプロ社交ダンサー・競技ダンサーの麻戸洋輔(まとようすけ)・中村綾組のブログです。社交ダンスに関するあれこれを思うままに綴っています。

先日、ビックコンペを審査した先生とお話したときのこと。


「1次予選のチャチャチャは正確に点数がつけれなかったよ。」と言っていました。
その日はヒート数も10H以上。予選はチャチャチャ、サンバ、ルンバ、パソドブレの順で4種目で競われます。


さて、ダンスは相対評価です。審査員は1次予選1Hを見た時に今日のレベルはこんな感じなんだなと当たりをつけます。ここで問題となるのはヒートのムラ。10H以上あれば、ものすごいうまい人が集中しているヒートもあれば、下手な人ばかりのヒートがでてきたりしてしまいます。当然のことながら、このヒートむらは、1Hから10Hまで、全部見てみないと判断できません。


審査員の多くは10Hあって50組ピックアップしてください、という場合
1Hあたり5組ピックアップで10H×5組=50組と選ぶことが多いです。ヒートむらが判断できた場合は強いヒートから6組、弱いヒートから4組、というように調整することもあります。



例えば、1H目のレベルが低かったとします。1Hから5組ピックアップします。審査員はそれを基準にして2H、3H、、、、と順にみていきます。途中で、もしかしたら1H目はレベル低かったのかな?と気づき多少の調整はできるかもしれません。でも基本的には最後までみるまでムラは判断できないので1Hあたり5組ずつ選んでいくでしょう。


1Hから9Hまで踊り終え、45組選んで迎えた10H目。この10H目にめちゃめちゃ上手い選手が集中してしまっていたら?上手い選手は9組もいるのに、5組しか選べない、、、という事態に陥ります。


この時点で初めて審査員は「最終ヒートめっちゃ強いじゃん、、、他のヒートのピックアップ減らして、ここから拾ってあげないと、、、」と気が付きます。ただし、


1H内での相対評価で5組ピックアップ(1H目の審査)残り45組
1H内と2H内での相対評価で+5組ピックアップ(2H目の審査)残り40組
1H~3H内での相対評価で+5組ピックアップ(3H目の審査)残り35組



1H~10H内でのの相対評価で+5組ピックアップ(10H目の審査)

と選んできているので修正は非常に難しいでしょう。次の種目、サンバを見る時はヒートの強弱が多少分かってきているのでより正確な審査ができます。これは審査員が悪いのではなく、システム上仕方がないような気もします。何が言いたいかというと、運も大切ということです。


特に4種総合でなく、1種目ずつ競う単科戦はかなり左右されるように思います。他の種目で挽回できないからね。学生の冬の全日本なんかは特にそうかも。準決勝に残っても良さそうなカップルも、このヒートむらで予選で終わってしまうこともあるでしょう。


何が言いたいかというと、ベストを尽くした後は、運も大切ということです。


こちらもどうぞ
社交ダンスの試合!ヒートによって有利、不利はある?!その①
審査員はどうやって審査しているのか?その①
審査基準を意識して練習する!その①


ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾

麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら

麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら

ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら

レッスンのお問合せはこちら

いよいよパーティー前ということで忙しくなってきました。僕も綾先生も疲労度MAX。自炊するのもしんどくなってきて、特別食べたいという訳でもないのですが外食が増えています、、、外食は飽きるし自炊した方がずっと良いんだけどね。


さて、ダンスと料理って似てるような気がします(突然)。例えばカレーを作ることを考えてみましょう。


1、作り方を覚える→ステップを覚える
カレーの作り方を知ることからはじまります。これを知っていればクオリティはともかくカレーを作ることができます。ステップさえ覚えれば上手い下手は別として、踊ることが可能です。


2、材料を集める→体作り
カレーに必要な材料を集めます。とりあえずカレー粉と水は必須。でもおいしいカレーを作るには具が欲しいよね。どのくらい集められるか?にんじん、たまねぎ、肉、、ダンスに置き換えると、背骨を起立させる筋肉、脚の強さ、体の操作性などなど、、、上質な食材がたくさんあるとより良いカレーを作ることができます。


3、調理→技術・テクニック
同じ作り方、同じ食材を使用しても調理の仕方で味は変わります。野菜の切り方、煮込み具合、味付けなどなど、、、、ダンスではテクニックに該当します。いかに相手のリードを適切にフォローできるか、相手がフォローしやすいようにリードできるか?適切な使用アクションができるか?などなど。


4、味見→本番
実際に食べてもらい感想をもらいます。発表会や試合などに該当します。人によって言うことが違うことがあります。ある人は「とてもおいしい」、またある人は「辛すぎる」、またある人は「甘すぎる」。ダンスも同じで良いと言ってくれる人とそうでない人がいるのが普通です。


という感じですね。ではより美味しいカレーを作るにはどうしたら良いでしょう。4の結果を参考に、また1~3を繰り返すのが良いと思います。繰り返すことにより、前回よりも効率の良い作り方で、前回よりも上質で豊富な食材を集め、より高度な調理方法でカレーを作れるようになっていきます。


初めは市販のカレールーを使用していたとしても、だんだんスパイスに凝りだしたりして、、、そうやって自分だけのオリジナルカレーを作っていけると良いですね。


こちらもどうぞ
自己流でダンスはできる?~試合編~
自分が何をしているのか説明できる?
社交ダンスが上手くなるには~その1~

ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾

麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら

麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら

ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら

レッスンのお問合せはこちら

同じステップなのに、名前が二つあるよシリーズ!!アイーダとフォーラウェイも教科書によってステップ名の表記が違います。


しかも、この子ら、足型も変形あり!
先行するステップによって女性の足型が変わります。普通は男女ともに3歩後退です。


が!!しかし!!カールやスパイラルから入る場合は、女性のステップのみ前進→回転する前進ウォーク→後退の3歩に変化します。ややこしいですね。


今日も生徒さんから、「アイーダって3歩後退なのに、カールのあとだと二人で後退なんてできないですよね?団体レッスンの先生、間違えたのかなぁ?でも先生だし…そんなことないよね?」とレッスン中、相談されました。


そうよね、後退3歩バージョン以外に女性だけ前進・回転バージョンが存在するなんてしらないよね。こういうところはちょっと分かりにくいよなぁといつも思います。


他にもまだまだあると思うので、思い出したらまた書きたいと思います♪


こちらも見てねー!
同じステップなのに呼び名が違う事がある!


今年の一発目のB級ボールルームは6位でした。コーチには「決勝に入ることに価値がある」と言われました。確かに準決勝と決勝では印象が違いますから、価値は違うのでしょう。一定の成果は得られたと考えることができます。


さて、A級には昇級できるのか?昨年から規定が変わり、現在A級になるのには、年間を通してポイントを7P以上獲得し、東部4大大会のどれかで一回準決勝に残る必要があります。


ポイント対象の試合は年3回のB級戦。1位3P、2位2P、3位1Pです。それに加え、東部4大大会の準決勝に入ると3P獲得できます。


つまりハードルは二つあって、一つ目は4大大会のいずれかで準決勝に残る。まずはこれがなかなか大変。A級選手は確実に12人以上いますので、誰かを倒す必要があります。B級戦全部優勝して9P獲得しても、これをクリアしていないと昇級できません。厳しいぜ。必須条件なので、とりあえず仮にこれをクリアしたとします。3Pゲット。


次のハードルはB級戦の結果。4位以下はポイントがつきません。残りの4PをB級戦で獲得する必要がありますので、2位1回、3位2回がギリギリですね。


さて僕の場合は、一回目6位なのでポイントはなし。4大大会のうちどれかで準決勝に残れたとしても残りのB級戦で2回とも2位以上がボーダー。なかなかA級になるのは厳しいね、、、と思うでしょうが、厳しくなったのはここ2年くらいで、前はこんなにキツくなかったんだよね。


今回はJDCの昇級規定について書いてみましたが、まぁ特別、昇級がモチベーションという訳ではないですね。そりゃ級は上がればそれに越したことはないけど、もっと良いダンスができるように頑張っていけば、それに結果がついてくればと思います。


こちらもどうぞ
社交ダンス・競技ダンスの級とは?
社交ダンスの試合、海外にも級はあるの?!ライジングスター戦とは!?
社交ダンスの試合に出たい!団体を選ぼう2019


ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾

麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら

麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら

ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら

レッスンのお問合せはこちら

レッスンを受けにきた・練習場に来たけど、(フロアが)混んでる!こういったとき、嫌だなぁ。と感じる人も多いのではないでしょうか。

確かにフロアに人がたくさんいる状況はストレスですね。ぶつかったり、うまく踊れないこともあります。でも、社交ダンス・競技ダンスは複数のカップルがひとつのフロアで踊るもの。


人がたくさんいる状況は、実はパーティーに行ったときや競技会本番など、自分人前で踊るときの良い練習になります。


具体的には

・自分の進路が空いているかどうか予測する力・近くのカップルの進路を予測する力
・ステップを踊る角度や歩幅、ステップ構成をフロアのサイズや空いているスペースに合わせる調整力
・パートナーにいつもと違う方向を知らせるリード力・それを受け止めるフォロー力
・自分のホールドや相手の腕の長さ、自分達のステップに必要な広さを正確に把握する能力

が養えると思います。


私達も普段はスタジオで練習しているけど、たまに練習場に行き、混んでいる中で大きく踊る練習をします。実際、競技会に出る人・ダンスパーティーに行く人はこのストレスから逃れられないからね!


スタジオ・練習場が混んでいる時は、コントロール能力を磨くチャンス!どんどん踊りましょう!(もちろん、他の人にぶつからないようにね。)そしてどのステップ・どんな状況だと、他のカップルをかわすのが苦手なのか把握しておきましょう。どうしてもかわせないステップはテクニック的に問題のある場合が多いので迷ったら先生に相談してみよう。


私達も生徒さんには少しずつ、他のカップルの進路の読み方や今の状況だとどのようにかわして踊るのがベターか伝えていくようにしています。みんなだんだん混んだフロアで踊るのが上手になってきました。そうなってくると心持ちも全く違うようで、フロアが混んでいる日も「今日はなんだかにぎやかでいいね!」なんて言う方も。なんだか余裕があっていいよね!


みなさんもたまには、あえて混んでいるフロアで練習してみては?


こちらもどーぞ!

このページのトップヘ