「もっとあばらを閉じて」「背中側を広げて」なんて注意されることありますよね。


あばらを閉じる動作、「こんなに頑張っているのに全然動かない…。」「閉じなきゃいけないことは分かるけど、どうやったらコレ以上動くの?」なんて聞かれます。


私もそうでしたが、あばらを閉じる動作が苦手な人は胸に余分な力が入っている場合が多いです。胸とは言ってもかなり上部。鎖骨の中心のちょっと下あたり。です。


この部分は、いい姿勢をとろう!と思って無意識に力が入っていることが多いです。これは自分では気づいていないことが多いのですが、胸を張っている状態になっています。ここの力を抜き、いつもより引っ込めてみましょう。自分ではちょっと姿勢悪いかも?と思うかもしれませんが、案外その状態で普通だよと先生に言われたりします。


自分が当てはまるか分からない人は鎖骨の下に手のひらを当てて、ルンバのベーシックを踊ってみて下さい。もし踊ってみて手のひらで触っているところが全然動かなかったら、おめでとうございます。アナタは私の仲間です(笑)残念ながら胸に余分な力が入りすぎています。鎖骨の下の部分が自然に動くように胸の力を抜きましょう。余分な力が抜けるともっとボディが動きますよ!


他の記事も見てね~!



ダンススタジオキシモト大船
麻戸 洋輔・中村 綾

麻戸洋輔・中村綾のHPはこちら

麻戸・中村が主催するヤングサークルTeamKのHPはこちら

ダンススタジオキシモト大船のHPはこちら

レッスンのお問合せはこちら