最近、麻戸先生が風邪を引いているのでカップルで組んでの練習はできず、シャドーで踊っております。シャドーで踊る時と組んで踊る時は、色々違いますね。

個人的には
・バランス
・タイミング
がかなり違うと感じます。

バランスは相手がいる方が取りやすいし、シャドーではオフバランス(相手がいないと立てないバランス)になることができないので動きの幅も狭いです。タイミングも、相手を使う事でスピードが出るので組んでいるときの方が長く取りたい音と短く取りたい音の差をつけやすいです。

じゃあ、シャドー練習は何の意味があるの?と思う方もいるかもしれませんが、自分一人でできるのはこれくらい。というのを分かっていることは重要です。


組んで練習ばかりしている人が、シャドーするとこんなことが起こります。

・いつの間にか一人で立てないバランスになっていた
・相手がいないと間に合わない
・リードを待っていて動いていない瞬間がある(男子ならリードしかしていない瞬間がある)
・シャドーの方が動きやすい部分がある

その部分を

・自分のバランスを確認する
・一人で間に合うようにする
・自分もちゃんと動く(踊る)
・シャドーの時と同じくらい動けるように位置関係、コネクション、腕の処理の見直し
と修正すると組んで踊ったときにもっと良くなります。


一人でできる範囲を覚えておけると、二人で踊るともっとタメやスピードが作れる、パワーが出せる、ストレッチできるということが実感できると思います。二人で踊るともっとできる代わりに緩急の計算やバランスのコントロールも難しくなるんだけどねー。まぁそれがペアダンスの楽しい&難しいところですね!


こちらもどうぞ~