先日の日曜日のギャラクシーはライジングも本戦も二次予選でした。次のラウンドまではあと少しだったので残念ではあったけど、2曲踊っただけで汗が凄く自分の体調大丈夫なのか?!という感じだったし、仕方ないですね。結局月曜日も休んで5日も休んだし、、、


実は左耳の聞こえが悪く、中耳炎になりかけているらしいです。今回は随分ひどい、、、


さて試合の1曲目がチャチャチャだったのですが、今日は音楽のスピードがメチャメチャ速い!!身体を使い切る間もなく次の音が来る~、、、、とちょっとバタバタしてしまった、、、
それに対して綾先生は割と調子良さそう。踊り終わった後に


綾先生「今日音楽ゆっくりだね~。」
麻戸「!!」


マジで?!めっちゃ速くない?!


これは実はよくある現象なんですね。調子が良い時は音楽がクリアに、ゆったり聞こえるのに対して、調子が悪い時はやたら音楽が速く感じる。音楽が速いんじゃなくて自分が遅いだけ(笑)


ダンスはタイムが出るわけではないので、調子の良い悪いは感覚的なものになってきます。音楽をどう感じるか?ということがその日の調子を測る基準の一つとなるかもしれません。


さて調子が悪いのは分かった、そこからどうしようか?という話ですが、、、これがなかなか難しい。


・調子が悪い自分を受け入れ、今、自分ができることに集中する。
・音楽を聴いて気分を盛り上げる
・ラウンド間は無駄に動かず休むことに集中する
・自分が不足している部分はパートナーがなんとかしてくれると信じる(←人まかせ(笑))


こんな感じかなぁ。まぁ理想はいつもベストコンディションで迎えられるのが良いんだけど、試合が続いたりするとなかなか難しいからね。みんなも体調には気を付けてねー!


その他の記事も見てね~!